忍者ブログ

ゆうのGSプレイ日記

ときメモGSのプレイ日記。妄想はいってますが・・・

[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

29

「なあ、おまえ、文化祭にゲリラライブ一緒にやんねえか?」
「ゲリラライブ?なんか楽しそうやな!」
「だろ?」
こいつ、マジで気にしてねーな・・・・・
「何の曲するん?」
「そうだな。じゃあ、今から曲決めするか。」
「せやな。んじゃ悠ん家来る?」
「いいのか?急に行ったら家の人とかさ。」
「あれ?知らんかった?悠一人暮らしやで。」
「そうなのか?マジで行ってもいいのかよ?」
「うん、なんで?」
「何でもねえ!行くぞ!」
「うん。」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「はい、入ってー。」
「お、おう。・・・・・・・・なんだよ、思ってたよりきれいじゃねーか。」
「どんな家想像してたんよ!一応掃除ぐらいはしてるっちゅーねん。」
「そうか、ははは。」
なんか、緊張してきた・・・・・・だあああ!なんで緊張しなきゃなんねーんだよ!
なんか、いい匂いするし・・・・ヤバイ・・・・・
「なあ。どの曲がいい?」
こいつホント俺のこと男って意識してねーな。
「なあ。ハリー、聞いてる?」
こいつ好きなやつとかいねーのか?
「ちょお!!ハリー!!!!!」
「うわ!!何だよ!」
「何ちゃうわ!!どの曲するって聞いてるやんか!」
「あ、ああ、えっと、そうだな・・・・モトリーとかどうだ?」
「ああ、学際っぽいな。ええんとちゃう?何曲しようか?」
「なあ、ちょっとこの部屋暗くねえ?」
「ああ、でも、まだ電気つけたらあかんで、もったいない。」
「もったいないって・・・・」
「まだ見えるやろ?」
「見えるけど・・・・」
なんでオレ、こんなことばっか考えてんだ?
早く帰らねーと、ヤバイな・・・
「オレ、そろそろ帰るわ。」
「はあ?まだ曲決まってへんやん!」
「いや、オレちょっと用事あったんだった。忘れてたぜ、ははは。」
「そうなん?ほな、気ぃつけて帰りや。」
「おう、じゃあな。」
「ばいばーい」
あー、危なかった・・・・・・
PR

28

はあ・・・・オレ何やってんだよ・・・・・・・・どんな顔してあいつに会えばいいんだ?
ってか会えねえ・・・・・・・・・いくらアイツでも気にしてるだろうな・・・・・
「おい。」
「うわ!!!!」
「どうした?」
「なんだ、おまえか・・・・びっくりさせてんじゃねえ!!」
「声をかけただけだ。」
「・・・・・・・・なあ、今日おまえ悠見た?」
「ああ。」
「ど、どんな感じだった?」
「どんな?」
「ほら、いつもと様子が違うとか、なんかなかったか?」
「いや、いつものアイツだったけどな。」
「え?」
「何かあったのか?」
「いや・・・・別に・・・ってか何でもねえ!」
「そうなのか?」
「ホントにいつも通りだったんだな?」
「ああ・・・特に変わった様子もなかった。」
全く気にしてねえってことか?いや、でも、オレの事好きでも嫌いでも気にはなるだろ・・・・普通・・・・・
「おっすー。」
「うわ!」
「ああ、針谷がおまえの事気にしてるぞ。」
「え?何で?」
「何でって・・・・おまえ・・・・・」
「ん?」
「・・・・・・・・・・・・・・・・」
「ああ、じゃあ、俺は先に帰る。」
「ああ、悪ぃな。」
「別に。」
「・・・・・・・・朝・・・・・・悪かった。」
「んー、ああ、ちゅーの事?」
「バ!バカ!でけえ声でいってんじゃねーよ!」
「・・・・・・・・・・・・・・・」
「あ、違っ!ホント・・・・・・・・」
「んー別にいいでー。そんな気にせんでもええんちゃう?」
「あー、そうなのか?ってかなんでそんなに気になんねえの?」
「え?なんでって・・・・つーかさ、気になるぐらいやったらせんかったいいのに。」
「う・・・。おまえホントに何にも思ってねーわけ?」
「うーん。ハリーとちゅーしたなーって思ってる。」
「・・・・・・・・・・・・イヤだったか?」
「別に?ハリーとは仲良しやから別にいい。」
「?おまえ仲良かったキスするのか?」
「うん。する時もある。」
「どんな時だよ?」
「可愛い時?」
「なんだよ?可愛い時って?」
「ほら、特に女の子なんか可愛い時いっぱいあるやん?そういうの見るとちゅーってしたくなるねんなー。ってかする。」
「お、女にもするのか?」
「うん。ってか男の子は背が高いからあんまし届けへん。」
なんか悩んでた自分がバカみたいだ・・・・・・・・・

27

「ハリー!!おはよう!」
「オ、オッス・・・」
「新学期早々元気ないなー。なんかあったん?」
「な、何にもねーよ!」
こいつ頭のねじ100本ぐれぇ足りねえんじゃねえ?成り行きとはいえ、ラブホに泊まったんだぞ?確かに何にもなかったけど・・・ってかあれはオレが耐え抜いたから何にもなかったんだぞ。わかってんのか?こいつ・・・・・おもっきり平気な顔しやがって・・・・
「どうしたん?なんかものっそい眉間にしわよってるけど・・・・」
「だ、だからどうもしねぇって言ってんだろ!」
「はあ、もうハリーは怒りっぽいなー。」
「怒ってねえ!!」
「怒ってるやん。」
「あー、もう、おまえさ、何にも思わねえわけ?」
「何が?」
「何がって・・・・ライブのあと帰れなかったじゃん。」
「うん。」
「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」
「で?」
「泊まったじゃん・・・・」
「うん。」
「はあ、なあおまえってドキドキしたりしねえの?」
「するで。」
するのか?じゃあ、顔にはだしてねえけど、ドキドキしてたってことか?
まあ、こいつも女だかんな。ドキドキしてたんだな・・・・・
意地っ張りな奴だな・・・・・・・・ハハ・・・
「で?どんな時にドキドキするんだよ?」
「歯医者さん行く時とか。」
「はあ?何だよ?それ!」
「だから、ドキドキする時やん。」
なんか腹立ってきた・・・・なんでオレだけ気にしなきゃいけないんだよ。
「悠!ちょっとこっち来い!」
「えー、どこ行くん?学校遅れるでー。」
「いいから来い!」
「もう。何よー。」
「ちょっとはおまえもドキドキしろっつーかさせてやる。」
「え?歯医者さん?」
「違げーよ!ほんとおまえの頭どうなってんの?いいから黙れよ。」
「なんで?」
「黙れよ。」
「・・・・・・・・・・ん!」
「・・・・・・・・・どうだ?ドキドキしたか?」

26

「いらっしゃいませ・・・・・っておまえか。」
「何よ!客できてんねんから、文句言うな!」
「わかったよ。ほら、座れ。」
「あ。」
「なんだよ。」
「珪くんやん!」
「ああ、悠だったか?」
「うん。一緒に飲んでいい?」
「ああ。」
なんで、こいつモデルと知り合いなんだ?
「ご注文は?」
「あ、カフェオレで。」
「・・・・かしこまりました。」
「なあ、この前珪くんさ、まどか君とはもう会わんほうがいいって言ったやん?アレなんで?」
「・・・・・・・・・・。おまえが傷つく事になるから。」
「ん?なんで悠が傷つくん?まどか君優しいで。」
「身代わりでしかないから。」
「身代わり?あ、ああ、まどか君の好きな子と悠が似てるから?」
「知ってるのか?」
「会った事はないけど、まどか君言うてた。」
「知っててなんで会うんだ?」
「え?言うてる意味がようわからん。」
「アイツは身代わりとしておまえを見てるんだ。」
「だから?」
「・・・・・それでいいのか?」
「いいもなにも、よくわからん。いくらまどか君が悠のこと身代わりとしてみてても
悠は悠やしな。」
「そうか・・・・」
「珪くんもまどか君の好きな子の事知ってるん?」
「・・・・・・ああ。」
「そんなに似てる?」
「ああ、怖いくらいに似てるんだ。」
「その子は今どこにいてるん?」
「ここにはもう、いない。」
「ふーん、どっかいったんや。」
「・・・・・ああ。」
「お待たせしました。」
「あ、ありがとう。」
「おまえさ、葉月さんゆっくりできないだろ。」
「俺は別にかまわない。」
くそっ・・・・・・・・
「いや、でもせっかくゆっくりできる時間なのにこんなうるさくて話の通じない奴がいたら、疲れるでしょ。」
「疲れたりしない。癒される。」
な!
「癒されるねんてー。悠って癒し系?あはははは!笑かすなあ!」
「ホントだな、おまえが癒し系なわけないな。」
「俺は癒される。」
「癒したるー。ぎゅーってな!」
「ああ、温かいな。」
「・・・・・・・・・・・・・・勝手にしろ。」

25

「ごめーん、ちょっと遅れたわ。」
うわ・・・・やっぱりめっちゃ似合ってるし、ますますそっくりや。
なんか、あの子と会ってるみたいやな・・・・・
「なあ、怒ってんの?」
「え?なんで?全然怒ってないで?」
「何にも言わへんからさ・・・・」
「いや、その服メッチャ似合ってるからな、びっくりしてん。」
「マジで?なんか変な感じすんねんけど。」
「そんな事あらへん!ようにおうてる。」
「ありがとう。」
うわ、ちょっとテレながら笑う顔とか似すぎてて怖いぐらいやな。
「ほな、行こうか。人多いしはぐれたらあかんから、手つないどこか。」
「うん。」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「もう、遅いし送って行くわ。」
「うん、ありがとう。でも、その前に喉かわいた。」
「じゃあ茶飲んでいこっか。」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「お、久しぶりやなージブン」
「・・・・・おまえ・・・・・」
「あー、ちゃうで、この子悠ちゃんっていうねん。」
「あ、初めまして、前田悠です。」
「あ・・・・・・」
「こいつの事しってるやろ?葉月珪ってモデルさんや。」
「知らん。」
「ジブン知らんのか?有名やと思うで?」
「そうなんや。」
「葉月もどや。一緒に飲めへんか?」
「ああ。」
「あ、ちょっと悠おしっこ行ってくる。」
「おお、気ぃつけていっといで。」
「はーい。」
「なあ、びっくりしたやろ。」
「ああ・・・・・」
「俺もホンマびっくりしたわ。性格は全然ちゃうねんけどな、なーんかちょっとしたしぐさとか似てる気がすんねんなー。」
「そうか。」
「おまえも気になってるみたいやけど、言うとくわ、俺あの子狙ってるからな。」
「身代わりにか?」
「っ!・・・・・・・・そういうおまえはどうやねん?気になってるんやろ。」
「ああ、でも違うだろ。」
「ただいまー。」
「お、おう!おかえり。」
「ん?珪くん、どうしたん?なんか顔についてる?」
「いや・・・・別に。」
「・・・・・別にって言いながらガン見やん。何?なんかおかしい?やっぱりこの服似合ってないんちゃうん?」
「そんなことあらへんで。」
「まどか君がそう思ってるだけちゃうん?まどか君がこの服好きなだけで悠には似合ってないんちゃう?」
「姫条が着ろっていったのか?」
「うん。絶対似合うからって・・・・やっぱ、おかしいよな?」
「似合ってる、けど、姫条とはもう、会わないほうがいいんじゃないか?」
「え?なんで?」
「・・・・・・・・・・・じゃあ。」
「え?何?どういう事やろ?なあ?」
「さ、さあな、わからんわ・・・・・・」

24

「なあ、今度の日曜に買い物でも行けへんか?」
「うん、いいで。」
「そっか、はは、よかった。ほな、10時ぐらいでええか?」
「?うん・・・。」
「ほな、日曜日にな。」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「おお、悠ちゃん早いな。」
「今来たとこやけどな。」
「そうか、ほな、どこ行こ?」
「んー。どこでもええわ。適当にプラプラしようや。」
「せやな。」
ほんまこの子よう似てるなぁ・・・・・性格はだいぶちゃうみたいやけど・・・
この子やったら好きになれるやろうか?こんなけ似てたら少しは慰められるやろか?
「まどか君どうしたん?」
「え?いやぁ何でもないで。おお!こんなん自分着てみいへんか?」
「えー。なんか悠の趣味と違うわ、それ。」
「そうかなー、似合うと思うで、そや、俺が買うたるから、今度遊びに行く時にでも
着て来てや。」
「うーん・・・・なんかめっちゃ女の子っぽい服やん、それ・・・・」
「女の子っぽいって、悠ちゃん女の子やん。」
「そうやけど、そんなラブリーな服着たこと無いねんけど・・・・」
「何事もチャレンジやって、悠ちゃんやったら絶対似合うから、な?」
「なんでそんなんわかるんよ?」
「な、何でって・・・・・。ホラ、アレや、その・・・・・」
「何?」
「まあ、ええやん、ほら、早よ選び!」
「う、うん・・・・・。えっと・・・・・じゃあ、このワンピースがいいかなぁ。」
「おー。エエチョイスや!うん。絶対似合うで。なあ、明日コレ来てどっか行こうや、
まだ学校休みやろ?」
「うん。」
「ほな、明日どこ行こうか?」
「遊園地がいいな。」
「ええなぁ、ほな遊園地行こう。」

23

「ようこそ!夢とロマンあふれる姫条ハウスへ!なーんてな。まあ、一人暮らしやのむさくるしい部屋やけど、あがって。」
「うん。おじゃましまーす。姫条ハウスっていい言い方やな。」
「ん?気に入った?」
「うん。」
「そんじゃあ、まあ、座っといてや。」
「え?手伝うで?」
「ええねん。俺の作ったたこ焼きはめっちゃうまいんやで?」
「うん、じゃあ、お願いしまーす。」
「おっしゃ、まかしとき!。」
「おお、まどか君わかってるやん、天カスを先に入れるとこなんか、ポイント高いわ。」
「お!自分もわかってるやん。」
「そらな!ふふ、なんか懐かしい感じする・・・・」
「そうやなー、こっち来てこんなんしてなかったもんなぁ。」
「うん。モチロンな、こっちでできた友達もすごい好きやねんけどな、こう、もっと突っ込みいれて欲しいやん?」
「ああ!わかるわ!そうやねん。なんか話しにあんまりオチがないちゅーか。」
「そう!それや!でもさ、これからはまどか君とそういうことできるんやんな?」
「そらもー、可愛い悠ちゃんのお誘いやったら、何時でも何処でも!」
「やったー!」
「あ、そろそろいけるんちゃう?」
「お、ホンマやな。姫条まどか特製たこ焼き召し上がれ~。」
「うん。いただきまーす。」
「どない?」
「おいしーい!悠の作るたこ焼きとちょっと違う。」
「ホンマに?じゃあ、今度は悠ちゃんの作ったたこ焼き食べさせてもらうか。」
「うん。あーホンマにおいしい!友達にも食べさせたいわー。」
「なあ、悠ちゃん彼氏おんの?」
「ん?おらんで。」
「ホンマに?そんな可愛いのに?」
「何がよ!ってかまどか君こそそんな男前やねんから彼女おるんちゃうん?」
「おるように見える?」
「うん。かっこいいもん。」
「おおきに。でも、おらんねんなー。みんな見る目ないと思わへん?」
「せやなー。ってかまどか君選り好みしすぎなんちゃうの?」
「そんなことないんやで?」
「ふーん・・・・で、どんなのが好みなん?」
「・・・・・悠ちゃんな、高校の時好きやった子に似てるねん。」
「そうなんや。」
「見た目がな、よう似てるわ。」
「好きやって言わへんかったん?」
「言われへんかったなぁ。」
「そうなんや。」
「今でも好きなん?」
「好きかもな・・・・・」
「そうなんや・・・・。」
 

22

「いっらっしゃいませ・・・あら、久しぶりね。」
「おーホンマに久しぶりやなー。」
「あ、前田さん、ちょっとこっちお願い。」
「はーい。いらっしゃいませ。」
「おー、こんな可愛い子も働いてるねんなぁ。」
「姫条君、手をだしちゃダメよ。」
「うわー、俺そんな扱い?」
「?なあ、大阪の人?」
「あ、そうやで!自分もか?」
「うん!いやー、こんなとこで大阪の人に会えるなんて思わへんかったわ。」
「姫条まどかってゆーねん。よろしゅうな。」
「まどか君か、前田悠です。」
「悠ちゃんかー、可愛いな。」
「いやーん。まどか君なんかめっさ男前やーん。っていうことで、電番とメアドお願いします。」
「おお、ええでー、次の休みとかなんか予定あんの?」
「ないで。」
「ほんなら、一緒にどっか行けへんか?」
「行くー。」
「よっしゃ、どっか行きたいとこある?」
「んー、まどか君家ってたこ焼き器ある?」
「おー、あんでー。」
「家で作ったたこ焼き食べたい。」
「ん?自分家ないんか?」
「親が持っていってもうて。」
「ん?自分ひとり暮らしなんか?」
「せやねん。」
「そうか、よっしゃ!ほんならたこ焼きパーティでもするか!」
「うん!いやー、めっちゃ楽しみやな!」
 

21

「いらっしゃいませー!って志波君!花買いに来たん?」
「いや、おまえが見えたから。」
「そうなんや。」
「へー。」
「何?あ!どうせ花屋でバイトなんか似合わへんって言いたいんやろ。」
「違う、似合ってると思う。」
「あれー。克己じゃねえか。」
「・・・・・・」
「ん?先輩志波君のこと知ってるん?」
「おう、オレの実家こいつの家とご近所さんでさ。」
「そうなんやー。なあ、悠も克己君って呼んでいい?」
「ああ、別にかまわない。」
「おまえ、相変わらずぶっきらぼうだなー。」
「男のおしゃべりよりはマシだろ。」
「んー?それはオレの事か?」
「他に誰がいる。」
「2人とも仲良しやな。」
「・・・・・・・・・・・・・・・・・」
「少しは痩せられたのか?」
「ああ、うん。夏になったからな。」
「夏になると痩せるのか?」
「うん、食欲おちるからなあ。」
「そうなのか?」
「うん、そんな事ない?」
「ない。」
「そっか。」
「それじゃあ、モデルするのか?」
「ああ、今やったら大丈夫かな。」
「何だ?モデルって。」
「こいつ絵のモデル頼まれてるらしい。」
「おお、そうかきれいに描いてもらえよ。」
「うん!」
「ホントにいいのか?」
「何が?」
「・・・・・・・・・・ヌード。」
「ヌードぉぉ!?おい!おまえ、ダメだろ。それは断れ!」
「なんで?」
「なんでって・・・・何でもだ!お兄ちゃんは許さないぞ!」
「・・・・お兄ちゃんって・・・・・もう約束したもん!」
「おい、克己おまえもなんとかって。おまえじゃ無理か・・・・とにかく
やめとけ、な?」
「でも、クリス楽しみに待ってるのに・・・・そうや!先輩にもプレゼントしたるわ。」
「え?いや、それは嬉しいようなそうでないような。」
「俺が一緒にいてやろうか?」
「!克己・・・それじゃおまえもこいつの・・・・・・・・」
「2人きりよりは安心だろ?」
「ちょっとこっち来い。」
「なんだ。」
「下心はないだろうな。」
「ある。」
「!!」
「冗談だ。」
「ああ、くっそー。俺がもう1年若けりゃなー。」

20

「あ、ハリー見てー。可愛い?」
「う!!・・・・・・・・・」
「ん?似合わへん?」
「似合うとか、そういう問題じゃねえだろ・・・・」
「もう!似合わんでも、コレしかないねんからしゃーないやろ!」
「もう寝るぞ!」
「うん。」
「ハリー、いい匂いするー。」
「ちょ!くっつくなよ!」
「なんで?いいやん。人と寝るの久しぶりやからさ。」
「ダメだ!」
「何よ!いいやんか!」
「オレもすっぞ!」
「ん?ハリーも匂い嗅ぎたいん?」
「・・・・・・・・・・・・・・・・・」
「ん?」
「いいのかよ。」
「別にええよ。」
「・・・・・・・・ホントにすっぞ。」
「うん。」
「・・・・・・・・・・・・」
「どう?なんか匂いする?」
「・・・・・・・・・・・・・・・・・・」
「ハリー?」
「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」
「どうしたん?」
「・・・・・・・・・・・・・・・・・・」
「ちょー、ハリー苦しい・・・」
「・・・・・・・・・・・・・・・・・・」
「く、苦しい・・・」
「ヤベぇんだよ・・・・」
「何が?」
「オマエほんっと何にもわかってねーな。」
「そう思うんやったら、何がどうヤバイんか言うてや。」
「くっ・・・・だ、だから、アレだ。そんなくっつかれたりすっと、
その、オマエに・・・・・」
「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」
「おい。」
「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」
「何寝てんだよ!」
あーあ!ドキドキしてんのオレだけかよ・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・寝てるときは可愛いな・・・・・・・・・・
うわ、髪柔らけぇ・・・・・・う、胸でけぇ・・・・・・・・・・
てか、触りてぇ・・・・・・・・・
だああああああ!ダメだ。眠れねぇ・・・・・・・

次のページ

カレンダー

05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

フリーエリア

最新コメント

[05/07 このり]
[05/07 ゆーむ]
[05/01 このり]
[04/30 ゆうき]
[04/30 ゆーむ]

最新記事

29
(05/07)
28
(04/30)
27
(04/28)
26
(04/25)
25
(04/24)

最新トラックバック

プロフィール

HN:
ゆう
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

最古記事

カウンター

忍者ブログ [PR]
Template by repe